2015年11月15日

GF1の衝撃



2009年の春、ありきたりながら「一生もの」と心に誓い購入したNIKONの「D90」。初めての一眼レフカメラで舞い上がった小生の目を釘づけにしたのが「Lumix GF-1」だった。同規格のミラーレスカメラは「Lumix G1」、そして小型化されたオリンパスのPENこと「E-P1」が出ていたが、このGF-1ほどの衝撃はなかった。どれほどかというと、D90で舞い上がっていたはずの小生が、発売してすぐのGF-1を買っていたほどだ。

そのデザインと進新性惚れこみ、セットの単焦点と同時に買った標準レンズに望遠レンズと電子ファインダーを買い足し、そしてボディーケースを自作するほどGF-1にのめり込んだ。大きくて高性能のD90はコレクション撮影に、仕事やプライベートにはGF-1を持ち歩いた。

小生のカメラ趣味は、NIKONという偉大なメーカーを大黒柱にしながらもLumixの屋台骨を着実に建てつけていたのだ。





同じカテゴリー(◆Camera)の記事画像
出品中~So-Sui,Nマウントやめるってよ
LUMIX遍歴(ボディ)
VILTROX JY610 ミニフラッシュユニット
VARIO 14-42 PZ
LUMIX GF5 PZ
Panasonic Lumix GX8を発表
同じカテゴリー(◆Camera)の記事
 出品中~So-Sui,Nマウントやめるってよ (2015-12-09 21:15)
 LUMIX遍歴(ボディ) (2015-11-16 22:47)
 VILTROX JY610 ミニフラッシュユニット (2015-09-11 21:00)
 VARIO 14-42 PZ (2015-08-10 21:00)
 LUMIX GF5 PZ (2015-08-09 21:46)
 Panasonic Lumix GX8を発表 (2015-07-22 21:53)