2014年07月28日

東京都:池袋で中国人発砲

東京・池袋にあるホテルのカフェテラスで、中国籍の男による拳銃発砲事件が起こった。池袋といえばつい先日、脱法ドラッグを吸った男の運転する車の暴走事件があったばかりだ。

 相次いで大きな事件が発生し、「最近の池袋は、物騒だな」「池袋で働くの辞めようかな」などとネットに書き込まれている。

■暴走事故現場から約300メートル

 報道によると2014年7月6日、中国籍の男(54)が、妻と見られる50代女性をいきなり拳銃で撃ち殺した。女性と口論になってバッグから回転式の拳銃を取りだし、胸とあごを打ったという。男は店員に取り押さえられて殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。当時、店には10人以上客がいたが、けが人はいなかった。警察の取り調べに対して男は黙秘し、犯行の動機や銃の入手経路は明らかになっていない。

 犯行現場となったのはサクラホテル池袋別館1階にあるカフェテラス「サクラカフェ池袋」。実は5日に脱法ドラッグを吸引した状態で車を暴走させ、歩行者を死傷させた事件が起きた場所から近い。北西に約300メートル離れた場所だ。暴走事故の容疑者は現場近くの店で脱法ドラッグを購入したという。JR池袋駅の北口や西口や繁華街はどのようなエリアなのか、記者が現場付近を歩いた。

 JR池袋駅周辺には1980年代以降に中国から移り住んだ新華僑とよばれる人々が多く住み、豊島区の外国人登録者数1万9324人のうち、1万1737人を中国人が占める。北口を出で十数メートル進むと、真っ赤な看板の食品店「陽光城」が目に飛び込んできた。日本のスーパーではあまり見られない中華食材が置かれ、店内に飛び交う言葉は中国語だけだった。向かいのビルには中国の書籍を扱う専門店があるほか、周囲には中国人の経営する飲食店が点在している。

 他には、チェーン系居酒屋や風俗店の看板が貼りだされ、猥雑な雰囲気を作り出している。新宿・歌舞伎町に近い雰囲気だ。道端に立つ客引きと見られる男性らが、路上でたばこをふかす姿が目立ち、歩いていると時折、下水の不快な臭いが鼻についた。線路沿いのホテル街の付近には、並んで歩く男女が何組かいた。暴走事故現場の付近には大量の花とペットボトル飲料が供えられていて、道行く人が手を合わせていた。(J-CASTニュース:7月7日)





同じカテゴリー(◆The Case of gun)の記事画像
香川:高松市の発砲事件犯人を逮捕
埼玉県:改造モデルガン所持で容疑の男逮捕
埼玉県:実弾発射可能の改造モデルガンを所持で逮捕
米国COLT社が経営破綻
韓国:南北軍事境界線付近で兵士が銃乱射、12人死傷
千葉県:拳銃部品持ち込み容疑 タイ人親子逮捕
同じカテゴリー(◆The Case of gun)の記事
 香川:高松市の発砲事件犯人を逮捕 (2015-09-03 20:00)
 神奈川県:横浜水上署内で拳銃暴発 2人軽傷 (2015-06-23 21:00)
 福島県:警巡査長がトイレに拳銃置き忘れ (2015-06-22 21:00)
 埼玉県:改造モデルガン所持で容疑の男逮捕 (2015-06-21 21:00)
 埼玉県:実弾発射可能の改造モデルガンを所持で逮捕 (2015-06-19 21:00)
 米国COLT社が経営破綻 (2015-06-18 21:00)